読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳内いんすとーる

日々学んだこと、役立つ情報を纏めていくブログです。

一眼レフカメラ初心者のわたしがデビューする際に揃えたアイテム10選!

ライフハック

f:id:So_da:20150729161248j:plain

こんにちは、Soda(@soda_SE)です。

 

現在少し早めの夏季休暇をいただいているわたしですが

やることがなくてかなり暇しております。

そのため前々からチャレンジしてみたかった一眼レフカメラを

購入してどこかへ出かけよう!と思い立ったわけです。

 

一眼レフカメラの右も左も分からない状態だったため、

ネットでいろいろ調べながらこれさえあれば困らないだろうという

アイテムをピックアップして買い揃えました。

 

今回はそのアイテムを紹介したいと思います。

同じようにこれから一眼レフカメラにチャレンジするという人に

ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

 

まずは必須の一眼レフカメラの選択!

購入にあたって一番迷ったのは言わずもがな一眼レフ本体です。

そこでわたしは自分の購入基準を以下のように定めました。

  • なるべく高性能
  • 軽い
  • 安い
  • レビュー評価が良い

 

特に「軽い」という条件はかなり優先度が高かったです。

一眼レフを始めるにあたって一番嫌だったのは、

重くて気軽に持ち運べないために面倒になって結局使わず…っていう状態です。

 

そして購入に至った商品はこちら。

 

この商品はもともと発売当時、

世界最小・最軽量デジタル一眼レフカメラ」として発売されました。

一眼レフの平均重量(本体のみ)は600gぐらいと言われています。

しかしこの一眼レフの重量はなんと370g

標準のズームレンズをつけても575g!本体のみの平均以下です

 

またネットのレビューもかなり高評価で、

価格コムの売れ筋ランキングでも1位でした。

f:id:So_da:20150730095019p:plain

 

初心者の方はもちろん、中級者の方まで幅広く受け入れられる性能もあり、

これを買っておけば問題ないという結論に達しました。

ちなみに標準ズームレンズと望遠レンズの2個セットです。

 

カメラの他に必須と思われるのは保存媒体のSDカードですね。

なんでも良かったのですがなるべく容量が大きくて安い以下をチョイスしました。

 

一眼レフカメラのお手入れ道具一式! 

本体全体を気軽にフキフキできるクロス 

本体が汚れた時に全体をざっくりと拭くために以下きめ細かいクロスを購入。

普通のティッシュやタオルで拭くと本体やレンズを傷つけてしまいますからね。

超極細繊維・高級クリーニングクロスw400mm x d500mm t=2mm キャメル・WIPING CLOTH #101 WC101MC

超極細繊維・高級クリーニングクロスw400mm x d500mm t=2mm キャメル・WIPING CLOTH #101 WC101MC

 

 

ブロアー

ブロアーとはその名の通り風を送って細かいホコリなどを吹き飛ばす道具です。

安価だった以下の商品を購入。こちらにはブラシもついています。 

 

レンズペン 

レンズペンとはレンズをフキフキするものです。

先にスポンジみたいは部品が取り付けれていて、それでフキフキします。 

今回はレンズの他に液晶やファインダー(覗き穴)も掃除できる3点セットを購入。

 

ウェットティッシュ

レンズなどに落ちにくい汚れ(ひどい指紋など)がついた場合には

このレンズ専用ティッシュを使用して汚れを落とします。

とても安くて一枚一枚小分けになっているので使いやすいです。

 

またお手入れ道具とはちょっと違いますが、

液晶画面を保護するシートも購入しました。 

 

遠出するためには欲しいアイテム一式!

予備バッテリー

途中でバッテリーが切れてせっかくの撮影機会を逃した!なんてことにならないように、

予備のバッテリーは用意しておきたいですよね。

今回は安価な互換バッテリーを購入しました。

 

一眼レフケース

遠出しなくてもほぼ必須品でしょうか。

いろいろなケースがあったのですが、ここはCanonの純正品ケースをチョイス。

一眼レフにぴったりのサイズ感です。

Canon デジタルカメラケース ブラック EH25-L

Canon デジタルカメラケース ブラック EH25-L

 

 

一眼レフのお勉強のために

 道具を買ったはいいが使い方に関しても詳しく知りたい!

なので体系的に勉強できる本を1冊購入しました。 

デジタル一眼レフの教科書 (洋泉社MOOK)

デジタル一眼レフの教科書 (洋泉社MOOK)

 

 

後は外へ飛び出すだけだ!

ここまで揃えてしまったらあとは写真を撮りまくるのみです!

まずは手頃な風景画などをとって練習するのが良いと思います。

あなたも素敵なデジイチライフを始めてみませんか?

 

以上です。

本日も当ブログをご覧いただき、ありがとうございました!

 

広告を非表示にする