脳内いんすとーる

日々学んだこと、役立つ情報を纏めていくブログです。

最後だと知っていたら…最後はいつくるかわからないんだ。

f:id:So_da:20150808185712j:plain

こんにちは、Soda(@soda_SE)です。

 

今日出逢ったタイトルの言葉。

「最後だと知っていたら…」

とても悲しい言葉ですね。

 

未来は誰も予測できないから

予期せぬ終わりを予測することはできません。

 

以前の記事でわたしは、

「最後はいつくるかわからない」

と述べています。

www.nonai-install.com

 

いまわたしたちを取り巻いている全てのことは

突然終わる可能性がある。

だからいつ最後が来ても納得できるように今できることをするべきです。

 

実はわたしのブログで一番最初に書いた記事が

「おわり」に関する記事でした。

www.nonai-install.com

 

一言に「最後、おわり」といってもいろいろなものがあります。

その中でも一番取り返しがつかないのが命の終わりです。

そして命は、もしかしたらこの世で一番最後の時期が不定なものかもしれない。

 

あなたやあなたの愛する人が、次の瞬間生きている保証なんてどこにもないんです。

 

わたしだってこのブログを書いている最中に突発的な病気で死ぬかもしれません。

だけどその時はいつくるかわからない。

 

実家にしばらく顔を出していない人はいませんか?

これから一生の間に自分の両親と会う回数を数えたことはありますか?

 

1年でお盆休み、年末年始の2回しか実家に帰っていない人。

実はこれから両親と会える回数が数えられるくらい少ないことだってあります。

数えられる回数というのが、恐れるくらい少ないという実感がありますか?

 

桜はあと何回見れるだろうか。

お花見は1年に1回ぐらいだからあと40回くらいは見れるかな。

ただその40回は保証されていないんです。

もしかしたら、もう見れないかもしれない。

 

恋だっていつ終わりがくるかわからない。

好きだった相手が突然誰かに奪われるかもしれない。

「告白のタイミングはあの時が最後だったのか…」

と後悔してももう遅いんです。

 

「最後、おわり」に対抗する唯一の術は、

「今を全力で生きること」

だと思ってます。

 

よくテレビで何かを成し遂げた人が、

「嬉しい!もういつ死んでもいい!!」

っておっしゃってる場面があります。

 

わたしたちも毎日これくらい情熱をもってエネルギッシュに

後悔のないように生きないといけないなって。

 

時間は有限。

小さいことで、どうでも良いことでくよくよしてる時間はないんです。

 

「最後だと知っていたら…」という言葉が

みなさんの人生の中で使われないことを願っています。

 

以上です。

本日も当ブログをご覧いただき、ありがとうございました!

明日のことはだれにもわからない ?人生は突然?

明日のことはだれにもわからない ?人生は突然?

 
広告を非表示にする