読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳内いんすとーる

日々学んだこと、役立つ情報を纏めていくブログです。

4月1日に嘘をつくという意味。エイプリルフールとは何なのか?

人生・考え方

こんにちは、Soda(@soda_SE)です。

 

今日は4月1日。エイプリルフールですね。

あなたはたくさんの「嘘」をついたでしょうか?

私は今日嘘をついたかどうかも覚えていません。

少なくとも意識的に嘘はついていないと思います。

 

なぜ4月1日に嘘をつくのか?興味があって調べてみました。

 

エイプリルフール - Wikipedia

毎年4月1日にはをついてもよい、という風習のことである。4月1日の正午までに限るとも言い伝えられている[1][2]。英語の"April Fool"は、4月1日に騙された人を指す。

エイプリルフールは、日本語では直訳で「四月馬鹿[3]漢語的表現では「万愚節」または「愚人節」、フランス語では「プワソン・ダヴリル」(Poisson d'avril, 四月の魚)と呼ばれる。

 

さて、起源は?

エイプリルフールの起源は全く不明である。すなわち、いつ、どこでエイプリルフールの習慣が始まったかはわかっていない。有力とされる起源説を以下に挙げるが、いずれも確証がないことから、仮説の域を出ていない。 

なんと、不明です。Wikipedia先生まで嘘おっしゃいなさんな。

こういうイベントで起源が不明なのも珍しい。

じゃあなぜ人々は嘘をつくのか?

 

元来、嘘とは悪いことだと言われます。

じゃあなぜ人々は嘘をつくのか?

 

以下の記事では、「嘘」に関して面白い解説がされていました。

嘘とは (ウソとは) [単語記事] - まな板大百科

人類の誕生以前から既に生物は嘘を付いていたと言われている。代表的なのは葉っぱや他の生物などに擬態する生物。擬態することによって、天敵から逃れたり、獲物を捕まえたりする。他の生物に対して、自分の本来の姿形を欺いているのである。他には自分より、強い生物だと感じさせたり、毒を持った生き物に見せかけているとされる生物もいる。

人間以外の生物が「嘘」をついているという事実。

「嘘をついている」とはあまり認識しづらいが、確かに嘘はそこに存在する。

目的は何か?むろん、生きる為である。

生きる為につく嘘が悪い訳が無い。

嘘が悪いイメージがあるのは、嘘が人を騙し、陥れることに使用されることが多いからだ。

だから真実で人を陥れることと本質は同じ。

 

また、プラシーボ効果など医学界でも嘘を医療行為として使用することもある。しかし、嘘を利用して自分に利益を得ようとすると「詐欺罪」として法律に触れる場合があるので注意が必要である。

嘘が人を救うことだってある。 

 

人間の間では、嘘は一般的に良くないこととされているが、日常や文化としても嘘を使っている。嘘自体を娯楽として使うこともある。 

嘘は人を笑わせることだって出来る。

 

別に4月1日である必要はないんだな。

ただ、この日は嘘をついてよい日という決め事があると、

普段つけないような大それた嘘を堂々とつくことが出来る。

企業やメーカーが自社宣伝に使用する。それを見ておもしろがる人たちがいる。

たわいもない会話に冗談まじりの嘘を混ぜ込むことでコミュニケーションが円滑になる。

 

そうやって公認の日をもうけて、幸せにする嘘をつきやすくしてくれる日がエイプリルフールなんだと自己解釈しました。

ちょっと自己解釈するタイミングが遅すぎたな...もう少しで4月1日が終わってしまう。

いやいや、明日も嘘つけばいいじゃん。

ただ、人を幸せにする嘘をね!

 

Thank you for reading♪

 ☆written by Soda(@soda_SE)

広告を非表示にする